筆者は以前、飲食店でのアルバイト経験があります。ライザップ 池袋

飲食店の特にホールスタッフは、接客が主な仕事内容だけに、クレーム処理に追われることが多々あります、それが仕事だろうといわれればそれまでですが、実際のところなぜそんなクレームが発生するのかと首をかしげるようなものがあるのも事実です。ライザップ 千葉

その当時のアルバイト先の店長は、最初は少し頼りないという雰囲気を漂わせていて、何かと低姿勢なことが印象的でした。

もっとも店長だけあって仕事はできたのですが、周りの同僚に聞いてみても同じように頼りないイメージを持たれていたようでした。

しかしその店長のイメージがとあるクレームの対応で、少しだけ変わりました。

そのクレームというのは、客がどこかで入れ歯をなくしたというもので、かなりその客は激昂しており、周りにもその客の怒号がうるさいと思われるほどでした。

当然、スタッフもそれに萎縮してしまい、ただ怒号を浴びせられて黙っているしかありませんでした。

そうしているうちに、店長がやってきて、その客の入れ歯を差し出しました。

客はそれを見て一通り怒りをぶつけてから、出入り口に足を向けました。

ここで店長がただ謝っているだけなら、いつものことなのですが、あれほど怒りをぶつけられたというのに、一つ頭を下げて、また起こし下さい、といったのでした。

確かに、それがルーチンワークだし、店長のあるべき姿だという意見もあるかもしれません。

ただ、客が帰った後、怒号を浴びせられていたほかのスタッフに対しても、しっかりと話を聞いていた背中を見ていると、こんな人になってみたいな、そう筆者は思ってしまうのでした。